Today was nice day?

今日はどんな日だったかな? 巨人戦の感想を中心とした うえちゃんの1日の振り返りです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

開幕2連敗

2-6、3-6

打てないのもそうですが
やはり6点ずつ取られている
投手陣が
問題でしょうね

開幕3連敗だけはやめてほしい

明日に期待します

スポンサーサイト

PageTop

いよいよ明日開幕

この日を待ってました
いよいよ明日
セ・リーグ開幕です

そこでみなさんにお聞きします



ご協力ありがとうございました

PageTop

現在の巨人の不安

 「オープン戦、ソフトバンク4-3巨人」(2日・ヤフードーム)
 いくら大補強で戦力を整えても、扇の要がしっかりしないと話にならない。走られまくっている今オープン戦。機動力野球に全く無防備なバッテリー陣に、巨人・原監督も「投手の方にも問題があるし、スローイングにもスピードや精度を上げる必要がある」と注文をつけた。
 いまだ盗塁阻止率0割。その数字が物語るように、この日もソフトバンクの“足技”にかき回された。二回一死一塁から阿部が簡単に二盗を許した。村田善に代わった2-3の八回には、二死一塁から松田に二盗を決められ、小田嶋の失策でダメ押し点を献上。直後、追い打ちをかけるように、城所に初球から二塁を陥れられた。
 オープン戦計3試合で、許した盗塁は実に6個。1度も阻止できず、なすすべなく走られる現状に、西山バッテリーコーチは「(送球が)それたり、届かなかったり…。投手に申し訳ない」とうつむいた。「今日のミーティングで投手コーチから、対策という部分で(話があった)」と明かしたのは原監督。このままでは、バッテリー間の信頼関係への影響は必至だ。
 今季は北京五輪が開催される8月に、正捕手の阿部が日本代表に招集され、チームを離れることが濃厚。その間の13試合でマスクをかぶる2番手捕手の育成も開幕までの重要なテーマだ。
 ライバル・中日の筒井スコアラーも「(2番手捕手は)課題になるでしょうね。うちは機動力で攻めていくチームですから」と冷静に分析する。整えたはずの巨大戦力に見つかったほころび。早急に対策を講じなければ、日本一奪回を目指す原巨人の命取りにもなりかねない。

デイリースポーツより

キャッチャーというポジションは難しいですね

かなり昔の話ですが
山倉という正捕手がいたのに
中日から中尾というベテランキャッチャーを
取ったことがありました

やっぱり試合で通用するキャッチャーが
2人は必要なんですね

投手、打者はそろっていますが
キャッチャーが一番の不安ですね

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。